お祝いギフトを選ぶ楽しみ、もらう楽しみ

出産すると頂く出産祝い。日本の文化としてはお返しとして出産内祝いを送る。そんな時喜ばれるお祝いギフトとは?

お祝いギフトを選ぶ楽しみ、もらう楽しみ

出産内祝いに選ぶお祝いギフトは

出産を経験し、人生初めて頂いた出産祝い。友人の多くない私や夫は、出産祝いを頂くとしても親戚位だろうと思って、出産内祝いに、どんなお祝いギフトを選ぼうか特に何も考えていなかった。しかし、いざ出産してみると、親戚や数少ない友人からは勿論、予想外にもお会いしたことの無い両親の友人から頂いたりした。出産とは、本当にお目出度い悦ばしい事なんだなぁと実感したものである。

頂いた出産祝いのおよそ半返し、出産内祝いを送るのが日本の文化。しかし、出産後寝る間もなく子育てに励む私は、出産内祝いの準備をしていなかったせいもあり、随分頭を悩まされることになった。手元にある送られてきたいくつかのカタログから品物を選べば然程苦労もしなかったのだろうが、折角頂いた出産のお祝いに対し、こちらもありきたりの物を送るのは気がひけてしまったのだ。相手の趣味もあるだろうし、使わないのに送っても仕方ない物は送りたくない。そして、名前や写真が入って、捨てるのに気が引けるものも個人的には避けたかった。寝る時間を割いて結局選んだ出産内祝いは、某パティシエさんの有名な焼き菓子セットだった。自分で買うには高いのでなかなか手がでないけど、貰ったら嬉しいものを選んだつもり。

すると、これが大ヒットした模様。送った方々からお礼の留守番電話が多数。しかも録音時間をオーバーする程、喜びの声が留守番電話に残っていた。出産を迎えるにあたって、どうしても出産、生まれた後の子供の事を考えがちだが、出産前の時間がある時に、是非とも出産内祝い選びに時間をかけておくことをおすすめする。

Copyright (C)2019お祝いギフトを選ぶ楽しみ、もらう楽しみ.All rights reserved.