お祝いギフトを選ぶ楽しみ、もらう楽しみ

出産をした際には沢山のお祝いギフトをもらうと思いますが、それに対してお返しをする際の出産内祝いについてです。

お祝いギフトを選ぶ楽しみ、もらう楽しみ

お祝いギフトのお返しである出産内祝いについて

出産をすると、親戚や親しい人たちから色々とお祝いギフトをもらうかと思います。その後にお返しをすることになると思いますが、このお返しの事を出産内祝いと言います。「出産内祝い」と検索すると多くのお店がヒットするかと思います。たくさんあるギフトタイプの中から一つを選ぶのはとても大変でしょう。特に第一子ですと経験がありませんから、頭を悩ます方も多いのではないでしょうか。

もしも、どういうものを送ったらよいか迷った場合には、まず相手との関係によっていくつかのグループに分けてみることをお勧めします。大きく分けるとするならば、近い親族で1グループ、普段あまり行き来がない遠い親せきと友人・知人で1グループとするとよいでしょう。出産内祝いの場合、食品や食器などの上に新生児の名前がプリントできるというギフトも選択肢の中に入ってきます。もちろん、普通のギフトで名前入りではないものもたくさんあります。しかし、記念品としての意味を含ませてのお返しを考える場合には、名前を入れようと考えるのではないでしょうか。例えば近い親せきや祖父母への記念品としてのお返しをするのであれば、名前を入れたいと考える方も多いでしょう。そういった方々に対しての出産内祝いであれば、新生児の名前をプリントしたものを考えるとよいでしょう。

しかし、友人・知人や普段行き来のない親せきへの出産内祝いの場合には実用性を重視し、新生児の名前をプリントしないものを贈った方が喜ばれる場合が多いでしょう。親しい身内以外の人間の名前が入ったものをもらって誰しもが心から喜ぶというわけでもありません。付き合いで贈り物をくれている場合もあるからです。折角のわが子の名前が入ったものが大切に扱われない可能性があることも考えられます。そのため、友人・知人などへのお返しは、名入りの品は避けた方が無難でしょう。

使える情報を知るリンク

Copyright (C)2019お祝いギフトを選ぶ楽しみ、もらう楽しみ.All rights reserved.