お祝いギフトを選ぶ楽しみ、もらう楽しみ

お祝いギフトは色々ありますが、子供を持つ誰もが悩むのが出産内祝い。知っておきたいギフトの相場とは?

お祝いギフトを選ぶ楽しみ、もらう楽しみ

お祝いギフトで覚えておきたい出産内祝いの相場額

結婚や出産など人生には沢山のお祝い事が多くあります。そのたびに親戚や会社関係い、友人知人からお祝いしてもらうことも多いでしょう。しかし、お祝いされてそれで終了とは行かないのが事実。お祝い返しをするのが常識ですよね。果たして相場はいったいどうなっているのでしょうか。例えば出産内祝いをあげてみましょう。出産祝いの金額は人間関係によって大きく差が出ます。家族や兄弟は10000〜15000円相当の品をもらうケースが多いようです。友人の場合は5000円前後。会社関係になると、上司は10000円、職場の人たちが出し合ってとなるとまた額は変わりますがグループで渡す場合は30000円〜50000円当りが相場のようです。となると、内祝い用のお祝いギフトはみんな均等なものとはいかなくなります。ギフトを選ぶ上で覚えておきたい金額の目安は、半返し。頂いた品物やお祝い金の約半分に当たる額を内祝いとして渡すのがベストでしょう。頂いた品に対して必要以上に高いものを渡すのも、相手に気を使わせてしまいますし、安いものを渡すのも失礼に当るのでマナーとしてはいいとは言えません。

半返しを基本とするなら、上司や会社関係の人たちにおすすめのお祝いギフトはカタログ。その人の趣味がわからない中で自分のセンスで物を選んでしまうのは危険です。消耗品であればいいですが、置物や食器などは趣味がわかった上で渡すのがベター。カタログは金額別に様々ありますのでそれを有効活用しない手はありません。自由に相手に選んでもらうスタイルは非常に現在人気があるようです。グループから頂いた場合は一人一人に渡すのもいいですが、人数から一人当たりの金額を割り出して計算するのも手間ですよね。会社であればお菓子の詰め合わせなどでもいいでしょう。友人であれば、差が出ないよう同じ金額の同じ品物を渡すがのおすすめです。出産内祝いの選び方ひとつで常識が見られるので相場や金額はチェックしておきたいところです。

使える情報を知るリンク

Copyright (C)2019お祝いギフトを選ぶ楽しみ、もらう楽しみ.All rights reserved.